【#73】おしゃれ嫌い

【#73】
おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由
米澤泉

「ユニクロでよくない?」から、「ユニクロがよくない?」へ。

ユニクロの変化とファッション誌が取り上げるテーマの変遷をたどって考える、平成のファッション史。

エシカル(倫理的な)消費、エシカルファッションが支持されるようになった流れに呼応するように、ユニクロが支持されるようになっていった約30年間の流れを追っています。


サッと読めて、内容もわかりやすいです。

今という時代は、個性的であることを競うのではなく、「ていねいなくらし」を競う時代だと。

そんな中、ユニクロが「正解」の服になったのは、ユニクロが実は服を売っているのではなく、「ライフウェア」として服の形をした「ていねいなくらし」を売っているから。

人々はおしゃれで競い合う代わりに、意識の高さで競うようになったのだとも言っています。

ユニクロとファッションを通して時代を読むという意味で、おもしろかったです。読むなら、今読むのが良さそうに思います。

#mtr_library

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。