求職者満足度

たまに人事っぽいことも書かないと、動画クリエイターを目指す人みたいになってるかなと思いまして。いいんですけど。

さて、求職者というのか、転職活動をしている人の近くにいてみるとわかるのですが、採用プロセスがまじでビビるほどイケてない会社が未だに多いようです。

さて、求職者というのか、転職活動をしている人の近くにいてみるとわかるのですが、採用プロセスがまじでビビるほどイケてない会社が未だに多いようです。

聞いてると、「あれ、今って2009年ぐらいやったかな?」と思ってしまいます。

例えば、
・おそらく意味のない適性テスト
・無駄に長い選考期間
・なぜか上からの面接官
みたいなしょうもないことが、ほんとに山のようにあります。

長らく「人手不足」とか言うといてこんななので、ちょっと大変だなぁと思います。

「顧客満足度」みたいな言葉って昔からあるんだと思うのですが、「求職者満足度」みたいなことも一度考えてみられてはいかがでしょうか。Candidate Experienceというのか、Satisfactionというのかわかりませんが。

当該候補者とご縁があるにしてもないにしても、満足度上げといて損はないと思うんですよね。C向けのビジネスなら余計にそうかと。これは損得で考えた時の話ですが、本当はそれ以上に、単純に失礼なこともあったり、相手へのリスペクトがないなぁと思うこともありますし、想像力を欠き過ぎなんじゃないかと思うわけです。

もちろん、相手にとってのベストな対応というのはわかりませんし、人によっても、場合によっても変わるでしょう。時代で変わっていくこともあります。だからといって、想像することを止めてしまえば、その時点から終わりに近づいていくのだと考えたほうが良いでしょう。

いずれにしても、想像力と配慮を欠いた会社はどんどん選ばれなくなっていくことでしょう。そうなった方がいいと思うこともあります。

ということで、覆面調査員みたいなのを雇って自社の採用活動をチェックしてみてもいいかもですよ。まぁそれは半分冗談ですが、ぜひ見直しを。

あと、いちばん手っ取り早く改善する方法は、エースを人事にすることかと思います。おすすめです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。