人のことはわからない。

どこまでいっても人のことなんてわからないし、どうやったって先のこともわからない。

昨日聞いたドラマチックな話も、いい話なのかわるい話なのかもわからないぐらい複雑で。

複雑で個人的な状況に首を突っ込むこと。嫌いではないけれど、好きだと言えるほど、簡単なことではもちろんない。

世の中には、反省すらさせてもらえないぐらいのこともあるのだと知る。

人事という仕事をしていると、個人的な事情や複雑な話に、図らずも関与してしまうことがある。

ひとのドラマの登場人物に、図らずも、なってしまうこと。

人事を仕事にしていく人は、そのことへの畏れを適切に抱きながら、それでもやっていくしかないのだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。