レンズがXF18-55mmF2.8-4からXF18-135mmF3.5-5.6に変わりました。

XF18-55mmF2.8-4が不慮の事故により捻挫してしまったので、新しくXF18-135mmに来てもらいました、というお話です。

一昨日はクライアントの動画撮影だったのですが、撮影準備の際に三脚に固定できたと思って手を離してしまったんですね。全然固定できてなかった。エアー固定。レンズから地面に落ちました。

パッと見、大丈夫そうではあったのですが、レンズとボディの接地点が少しグラついていました。そのあと撮影自体は普通にできてデータも問題なかったのですが、心配だったのでカメラ屋さんに。

店員さんに見て頂いたところ、レンズ側の接地点が歪んでいるようだと。

一応本体のX-T3側には問題なさそうなので、それは不幸中の幸いでした。レンズもそのまま使えそうではあったのですが、少しとはいえ接地点がグラつく状態で使うのも気持ち悪いというか、ゴミの混入などがこわい。

メーカーに修理に出しても数万円かかるし、中古で同じものを買っても数万円。ちなみに買い取ってもらった場合の価格は50円。まじか。

ということで、数日後にも撮影を控えていることもあり、やむなくその場で買い換えることにしました。

18-55ふつうにいいレンズやっただけに残念です。キットレンズとして1本目に持つ標準ズームとしては、最高クラスに便利なんじゃないかと思います。

次にレンズを買うとしたらおそらく神レンズと名高いXF35mmF1.4RかXF56mm1.2Rあたりだろうと想像していたのですが、仕事で動画撮影の機会が増えてきたので、今回は18-135を選択しました。

XF18-135mmはAPS-Cレンズなので、35mm換算で27-206mm相当だそうです。明るいレンズではないですが、1本でいろんなシーンに対応するには便利そうです。これから主に動画で活躍してもらいたいと思います。

みなさまにおかれましては、カメラの取り扱いに充分ご注意頂きたいと存じます。あと、レンズ代分のお仕事をお待ちしております🤓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。